自己紹介

小さいころから忘れ物が多く

大事なものやすぐに使いたいものは

決められた場所に置いておきなさい。

繰り返し何度も何度も母に言われて

うるさいなーと

思ったこともあるが、

今になって思えば、母のこの教えは

とてもありがたかった。

小さい頃は

周りの人がフォローしてくれていたから

なんとかやってこれていたんだなー。

社会人になると誰もフォローしてくれない。

忘れ物が多く自分に腹が立つこともあるが、

それも個性だ。

最近はそう割り切っている笑

忘れ物が多いなら

自分を責めるのではなく

どうしたら忘れ物がなくなるのか考えて行動する。

決められた場所に毎回置くことができれば

忘れ物はだいぶ減るし

意識してモノを置くことで

なんとか探し当てることができる。

僕は無意識でものを置いてしまうことが多いから

モノをなくすことが多かった。

探し回る時間ももったいないし

見つからなくてイライラする悪循環も

防げるから最近は特に気をつけている。

直前にモノをカバンに入れるよりも

前日にモノを入れておくほうが

忘れ物が少なくなる。

小学生で学んだことなのに

大事なことを忘れていいた笑

忘れっぽいことの長所

イヤなことや辛いことがあっても

根に持たず

寝ればすぐに忘れられること!

社会人になってからも

僕と同じように忘れ物が多くて

自分を責めてしまう人も

いるんじゃないかなー

そうゆう人が

ニコニコ笑って

会社に行けたら嬉しい。

忘れ物をなくすには

決められた場所にモノを置く

意識してモノを置く

前日から準備をしておく

自分を責めすぎない

簡単なことだけれど

だまされたと思ってとりあえずやってみよう!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

自己紹介

ブログ画像.png

自分の経験や体験から

同じような境遇にいる人や

困っている人

悩んでいる人にみてもらいたい。

何もできないかもけれど、

ブログを通して伝えていけることがあるはず。

僕は自分のブログで

子どもたちとの関りや

自分自身のこれからについて

真剣に書いていきたい。

僕がこのブログでやりたいのはそれだ。

アクセス数がある日とない日の違いは何だろう。

ブログを更新した時はアクセス数が増える。

しばらく更新しないとアクセス数は減る。

ブログを更新した時間帯によってもアクセス数が違う。

多くの人がブログを読めそうな時間帯に記事を投稿するのがいいのかも。

どんな記事が読まれているのだろう。

先生の教えや放課後等デイサービスの話が

僕の記事の中で読まれている。

この2つのことをメインに記事を書いていこう!

TwitterやFacebookを使って

ブログにいかしていくにはどうしたらいいのだろう。

自分から積極的に子ども関係の人や起業を目指している人をフォローして

少しずつ共感を得ることができたらみてくれる人が増えるのではないか。

やってみたいことがどんどん出てくる。

鍼灸院の先生の所に行くと

自然とエネルギーが溢れてくる。

達成できそうなブログの目標は

来年の3月までに100の記事を書く。

目指すのはランキング100位以内。

最終的にはこのブログを通して

自分の仕事にしていきたい。

障がいのある子どもたちと関われる仕事がしたい。

今までずっと真剣に子どもたちと関わってきたこと

それが一番自信がある。

放課後等デイサービスに

足りないものはなんだろう。

どんなサービスがあれば

保護者の方や子どもたちのためになるのだろう。

深く考えていこう!

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

自己紹介

IMG_0917.PNG

この病気に初めてなったのは、小学生6年生の頃。

中学受験に両親の不仲。友達との関りが上手くできなくて

悩みっぱなしだった。

中学生受験をして地元の同級生たちから離れてみると

環境の変化に全くなじめなくて

1人クラスの中でも浮いていた。

自分の本当の気持ちを他人に話せなくて

心の中でずっともやもやしていた。

本音で話さない僕は

心を許せる友だちが一人もできなかった。

僕が距離をおくとみんなも距離を置く。

好意の返報性だったのかな?と

今になって思う。

僕がクラスの人たちに苦手意識を持っていたから

クラスの人たちも僕に苦手意識を持っているような感じがしていた。

小さいころから人の顔色ばかり見てきた僕は

相手がどう思っているのか

なんとなく察することができる。

正確に言うと自分の中で相手の気持ちを探り

相手に聞かないで自己完結をしていた。

相手がどう思っているのかなんて

本人にしかわからない。

本音で話すことが怖かったのかもしれない。

今ならわかる!

ほんの少し勇気を出して

本音で話してみると

相手もそれにこたえてくれる。

恐れずに一歩踏み出してみると

上手くいくことが多くなった。

中学生の頃は円形脱毛症になり、

今までよりも周りの目が気になるようになって

だんだんと隠しきれなくなっていくのが

不安で仕方がなかった。

風が吹いて毛が無いところをみられたらどうしよう。

そう考えることがストレスになっていた。

病気を治そうと皮膚科に通ってみるも

頭に打つステロイド注射はとっても痛くて

3年ぐらい通った時に

どうしようもないくらい嫌になった。

お医者さんは注射を打つけど

痛いしストレスになっている気持ちはわからないんだろうなと思った。

皮膚科での治療をやめ

漢方薬を取り入れるが

ものすごくお金がかかるし、漢方薬は苦い。

お風呂に入れて皮膚から直接漢方薬をとりいれてみたり、

海藻類を多く食べたり

サプリで亜鉛などもとってみたりと

毛に良いと言われていることは何でもやった。

最終的に自分に合った治療法は鍼灸院での治療だった。

家族の協力があったから

途中で投げ出そうと思っていた

辛い治療も乗り越えることができた。

家族のおかげで頑張ってこれた。

高校生の時にスキンヘッドにして

周りの視線が辛かった。

陰でたくさん悪口を言われたし、

笑われた。

悔しかったし、つらかった。

家族の前ではなるべく笑っていたけれども

夜、一人部屋で泣いていたこともある。

もう2度とこんな思いはしない

そう思っていたのに社会人になって

無理をしすぎてしまいまた毛が抜けた。

それまで何度も病気になっては治ってというサイクルを

繰り返していたけれども

鍼灸院での治療と環境を変えたら

あっという間に改善してきた。

考え方が変わってきたというのも大きいのだろう。

辛かったら、環境を変えてみよう!

がんばらなくていいから自分に負けるな!

なくなった先輩のお母さんから

言われた言葉が頭から離れない。

辛い時に何度も何度もその言葉が頭に浮かぶ。

スキンヘッドにして良かったことは

かけがいのない友人たちに恵まれ

人を見ためで判断しなくなったこと。

苦しいことや辛いことは

たくさんあったけれども、

今の自分が一番好きだ!

最近ではスキンヘッドが

自分のトレードマークになっているし

初めましての人からも覚えてもらいやすい笑

心の底から笑えているし

嫌なことはイヤと言える。

ありのままでいれることが増えた。

今、つらい思いをしている人や

自分と同じ病気に悩んでいる人に読んでほしい。

上手く伝えれているのかわからないけど、

伝えたいです。

何があっても力強く

生きていこう!

沖縄.jpg

気が向いたらこの曲をYOUTUBEで調べて聴いてみてください。

力強くて元気がでるかも。

グレーティストショーマンの曲で

THIS IS ME

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

自己紹介

初めまして。akizoraと申します。

僕は、あまり恵まれた家庭環境ではなく、

自分自身もずっと病気と闘ってきました。。

思春期の頃は、自信がなく人の目を気にしながら

毎日をなんとなく生きてきた。

波風がたたないように周りの人の意見に合わせて

自分の気持ちを抑え込んで、感情をコントロールできなくて

いつも自分にイライラしていました。

そのイライラが自分の身体を攻撃して

どうしようもなく辛かった。

その時は、自分のことでいっぱいいっぱいで

周りの人の優しさにも気づけない

ひどいひとでした。

僕が人にやさしくなれたのは、

家族や周りの人々が支えてくれたから。

それから、特別支援学校の子どもたちに出会えたおかげだと考えています。

とりあえずやってみよう!と

やりたいことリスト100を書いてみたり、

積極的に人と関われるようになってきて

最近になってようやく

自分にも自信が出てきて、笑えるようになりました。

小さいころよりもずっと心も強くなったし

人に弱さも見せられるようになったし、

本音で話ができるようになりました。

今思うのは、

自分の人生を途中であきらめなくてよかった。

何気ない日々の日常に感謝して生きています

自己紹介

高校生 :部活で養護学校(特別支援学校)の子どもたちと出会う。

大学生 :NPO法人(後の放課後等デイサービス)で
     3年以上ボランティアをさせてもらう。

社会人 :就労移行支援B型事業所に常勤として勤務する。
    :NPO法人が運営する放課後等デイサービスに常勤として勤務する。
    :子どもの仕事から一度離れて本当にやりたいことを模索中。

取得資格:介護福祉士・保育士・チャイルドマインダー
     小学校教諭免許1種・特別支援学校教諭1種
     運転免許証

介護福祉士と保育士は事業所で必要とされていたため、

社会人になってから必死に勉強して取得。

毎日朝や仕事後に1時間程度勉強に取り組みました。

1度大学生の頃に保育士試験を受験するも挫折。

もう2度と取らないと決めていたのに、

子どものプロフェッショナルになりたくて再受験。

そして、落ちこぼれの自分も変えたかった。

そんな僕が、

勉強の仕方・暗記の方法・問題集の解き方などを工夫して

勉強したらびっくりするくらい記憶が定着した。

資格試験は落とすための試験ではない。

満点を目指すのではなく、合格点を目指すように勉強したら

余裕をもって勉強に取り組むことができた。

余裕をもって勉強に取り組めると、

100%以上の能力を発揮できる。

資格試験に大切なことは、3つある。

・毎日継続して少しづつ勉強する。

・絶対に合格するんだという強い気持ち。

・合格した後の自分をイメージしたり、

 家族や恋人や友人が喜んでくれている姿をイメージして

 勉強のモチベーションをあげること。

このブログを読んでくれた人に

少しでも何か役立つことを発信していきたいです。

応援して下さい。