先生の教え

鍼治療の先生から言われた話

話を聞いていると君はまだ真剣に生きていない。

仕事のことでもお金のことでも。

本気で自分がやりたいと思っているなら

分かるまで必死に学んで、

自分の知識に落とし込むこともできるのに。。

君のは、ただの思いつきなんじゃないかな。

やることが全部中途半端。

それじゃあ人生は変わっていかないよ。

宝くじだって買わなければ当たらないように

行動しなければ、何も変わっていかないよ。

先生はいつでもするどい。

僕が間違った道に行こうとするたびに

いつも厳しくも温かい叱咤激励をしてくださる。
仕事でもそう。

自分では本気でやっているつもりなのに

なかなか成果が出ない。

覚えが悪く、失敗を繰り返して

ようやくできるようになっていく。

先生との話で職場の人に言われた言葉を思い出した。

社会人なら

一度言われたことを自分なりの言葉に

変換して、、2度と失敗しないように

しっかり理解しないとだめですよ。

失敗を繰り返す僕に

投げかけてくれた厳しい言葉だ。

心のどこかで僕は真剣に

物事を取り組んでこなかったのかもしれない。

謝って次がんばればいい。

そうゆう気持ちが自分を甘えさせていたのかもしれない。

ほんとに恥ずかしい話だ。

失敗するのも

成功するのも自分次第だ。

人生を悪くするのも

よくするのも

自分次第なんだ。

まずは、株式のことを調べて

自分のやりたいことも調べて学んでブログにのせよう。

とりあえずやってみよう!

真剣に生きていくんだ。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

先生の教え

ブログ用画像.jpg


鍼灸院ではいつもたくさんのことを教えていただいています。

ブログを始めた時も先生に相談して

的確なアドバイスをいただき

そのおかげでアクセスが増え

ブログを書くことが楽しみです。

少しずつ更新するのが習慣になってきています。

今日は

物事を深く考える

ことについて先生から教えていただいたことを

思い出しながら書いていきます。

ブログは最近どう?

50記事ぐらい書いたくらいから

書くことがなくなってきました。

そうかー。。

先生が前回おっしゃっていた

理解するとは

どうゆうことなのか自分なりに考えてきました。

理解するとは

自分の言葉で説明できることです。

・・・

違う。それは本当の意味での

理解することではない。

なんでもすぐに教えてしまったら

君のためにならない。

もっとよく考えなさい。

治療中しばらく考えても

いっこうに答えがでずに無言な状況が続いた。

君には

真剣さが足りない。

物事に本気で取り組んでいたら

自分なりの答えをもって

それが正しいのか

その方向性であっているのかを確かめるために

答えを求めてくるはずなのに君にはそれがない。

ブログを書くならそれでいい。

ブログを書いて君は何をしたいんだい?

それがはっきりしないから

目的を失い中途半端な状況になっている。

今一度よく考えてごらん。

厳しいお言葉が続き

涙がでそうになる。

先生なりの激励だ!!

このままではいけないと

自分の未来を真剣に考えて

真剣に諭してくださったのだと

今までの付き合いからよくわかる。

ブログは最近どう?

そう聞かれたときに

自分なりの考えや検証結果を話して

こうゆう結果が出ているから

次はもっとこうゆうふうにしていこうと考えているのですが

この考え方ですすめていいですか?

そうゆうふうに自分なりの答えをもって先生に

お話をするのが正解だった。。。

こうゆう行動をしたらこんな結果がでました。

だから、こうゆう決断を下しました。

原因を突き詰めて考え

どんな考えで行動したのか

その行動は間違っていないかの確認をする。

できる人・賢い人はそうやって

自分なりの答えをもって

仮説を立てて、検証して、証明していくから

ぶれずに行動できるのかと

はっとしました。

僕はまだまだだ。

表面的な言葉で

理解しているつもりになっていたけれども

物事を深く考えることは

突き詰めて深く深く考えて

自分なりの考えを話せるようになることが

本当の意味での理解につながるということがわかった。

先生、ありがとうございます!!

時間を大事に使おう。

今一度、ブログの方向性を考えてみよう。

先生が教えてくださったことは

信じてとりあえずやってみよう!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

先生の教え

ブログ用画像.jpg


先生の教えを実践してみて6か月が立ちました。

最初はこんなこと書いてもいいのかな?

読んでもらえないんじゃないかな?

など不安なことばかりでしたが、

6か月もたってくると

こんなことも書きたい。

こんなことも伝えたい。

こんなこともあった。

と伝えたいことが溢れてくる。

今まで自分の中で消化していたことを

ブログを通して伝えていく。

自分にしか書けない物語が

1人1人みんなにある。

人生はその人だけのエピソード。

あなたにしか伝えられないことがあります。

病気で苦しんだ経験

家庭で悩んできたこと

人間関係の難しさ

成功体験

夢がかなったエピソード

挫折したけど頑張ってきたエピソード

自分がしてきた経験こそが宝物。

そのブログを読んで

元気をもらったり

がんばろうと思えたり

辛い境遇でも乗り越えていける人が

少しでも増えてきたらいいな。

僕はずっと何も語れないと

思っていたけど

書きたいことがたくさんあった。

たくさん泣いて(誰にも言えずに一人で泣いたこと)

たくさん怒って(怒りを素直にだせず悶々としていたこと)

たくさん悩んで(悩みすぎて自分の身体を壊したこと)

たくさん笑って(心の底から笑える日常の幸せ)

振り返ってみると今の自分が一番好き。

自分の時間を使ってブログを書く。

それは結構な労力を必要とする。

それでも伝えたいと思える

強い思いがあるから

みんな続けることができるのかなー

なんて思っています。

ブログを書いている人の

モチベーションもあがるにはどうしたらいいのか考えてみました。

自分のブログのアクセス数などありのままを伝えることができたら

何かの目安になると思ったので

最近覚えたスクリーンショット(ctrl+F12、prtsc)の画像を

貼り付けておきます。

下記画像参照

1枚目 39PV 545/123695

2枚目 40PV 366/124021

3枚目 58PV 186/124277

6か月で書いたのは40記事。

月平均にすると約6記事ずつ更新している。

恥ずかしいのですが、日によっては10PV以下の日もあります。

実際は月ごとにかなり隔たりがありますが、

些細な出来事をこまめに書いています笑

画像やイラストを入れたり

読みやすく工夫をしてみたり

他のブロガーさんを参考にしてみたり

先生に教えていただいたことを

素直に取り組んできた結果

自分でも驚くくらいの成果がありました。

時にはアクセス数が急激に下がって

落ち込むこともあるけれど

1人でもいい。

読んでくれる人がいるならば

目先のことにとらわれずに

継続して更新していくことが大切だと考えている。

伝えられることは素晴らしい。

とりあえずやってみよう!と

始めたブログも今では習慣化しつつある。

継続は力なりとはこのことか!!

これからも少しずつ更新していきます。

最終的に目指すところはブログ1位。

応援してください。

僕も皆さんを応援します。

このブログを見てくださり、ありがとうございます。

ブログ アクセス数.png

ブログ アクセス数2.png

3ブログ アクセス数.png

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

先生の教え

言霊.jpg

言葉には力があります。

中学生の頃は

自分に自信がなくて

いつも周りの人のことを気にして

ネガティブな言葉を発していました。

イヤなことがあると頭の中ではループ再生。

そうゆう時に限って

イヤなことが立て続けに起こる。

こんな環境ぬけだしてやる。

そう思っていたのに

しばらく抜け出せませんでした。

それは、自分の考えや言葉が

ネガティブなことが多かったから。

環境を変えたいと考えていながら

自分なんて・・・

と心では考えていた。

今考えると環境を変えたいと考えているのに

心の奥底では現状維持を望んでいた。

心は素直だ。

良いことでも悪いことでも

自分の考えていることが

実現してしまう。

考え方次第でなりたい自分にもなれる。

哲学者 ウィリアム・ジェームズの名言がある。

http://earth-words.org/archives/4170

心が変われば行動が変わる。

行動が変われば習慣が変わる。

習慣が変われば人格が変わる。

人格が変われば運命が変わる。

僕がこの言葉を知ったのは最近だけど

高校生の頃から鍼灸院の先生に

この哲学と似た考え方について

教えていただいていました。

先生は素晴らしい方です。

その教えがあったから

僕は少しずつ変わっていくことができました。

大学生からようやく

自分に自信がもてるようになり

友だちや大切な人に

本音で話せるようになりました。

意識すれば行動が変わる。

身をもって体験しました。

ブログを書くときに聴いている音楽も

自分の気持ちにあった曲ばかり。

グレイティストショーマン 「this is me」

レイチェルプラッテン   「fight song」

Avicii           「the night」 
              「waiting for love」

エリカ          「あなたへ贈る歌」

最近はほとんどこの曲を聴いています。

ずっと聞いているから

言葉の影響を受けているのか

潜在意識にインプットされているのか

やる気が溢れて恋愛をしたい気分です笑

言葉には力がある。

とりあえずやってみよう!

先生の教え

愛.jpg


池間哲郎先生の講演で話していたことを書いていきます。

池間照郎先生は国際協力・ボランティア団体の代表。

アジア9か国で支援活動をしている。

国際協力を通して日本国をよくすることを目的にやっている。

今までに1000校の学校で講演し、講演を聞いた子どもたちは

全国で50万人は超えている。

今、自分に自信のない子どもたちがたくさんいる。

アメリカに敗れてGHQの戦略で

日本はすべて悪であるという教育を受けてきたからだ。

日本は世界からよく思われていない。

そう思ってる人もいるが

それは大きな間違いだ。

アジアから日本は尊敬されている。

現地の人と触れ合い分かった。

パキスタン・インド・ネパール・マレーシア・ミャンマーから

日本は愛されている。

私は(池間哲郎)は外国に出たときに日本人にみえない。

そのため、日本人であることを隠して調査をする。

日本は見事だ。

そう言ってアジアの人々から好かれている。

日本という国を見つめて現代史を学んでほしい。

東日本大震災のなかで、列にちゃんと並んで配給を受けていた。

外国だったら、間違いなく暴動がおきていた。

緊急事態でも大きな犯罪がおきないのは日本だけ。

日本人の素晴らしさを伝えたい。

私(池間哲郎)は臆病で弱虫でだらしなくてどうしようもない男です。

何があっても逃げない。

日本人の誇りをしっかりと打ち込んでいるからもう逃げない。

歴史の真実を学んでほしい。

日本は戦争したくないと平和交渉を続けてきた。

欧米列強と戦い、勝てるなんて考えてなかったが、

自分の家族を奴隷にしないために日本人は戦った。

パラオの話

パラオの国旗はあえて日本の国旗と似るようにした。

1920年から日本がパラオを統治して以来ずっと日本が大好き。

最初はスペインがパラオを植民地にして、その後、ドイツがパラオを植民地にした。

日本人が統治してからパラオの道路・病院・農業・ライフラインが整備された。

日本人がきてから、ほとんどパラオの人に対する差別はなかった。

1945年から50年間アメリカが統治してパラオを植民地にした。

アメリカの徹底した日本批判にもまけず

パラオの人々は日本人をずっと信じてくれたいた。

現在でもパラオには700言語程の日本語が残っている。

ペリリュー島での戦い。

日本人の300~400倍のアメリカ人を相手に

洞窟に隠れておもちゃのような武器で73日間も日本人は闘った。

日本軍は玉砕し、ほぼ全滅。

お国のためでもあるが、両親・子ども・奥さん・恋人・友達を守るために死んでいった。

日本の兵士たちは1日でも長く平和であってほしいと願って闘った。

パラオの人たちと日本は仲良し。

アメリカが攻めてくるときに中川司令官を訪ね

日本人と死んでいくから一緒に戦わせてくれと頼むが、司令官はどなりつけた。

貴様らごとき土人とともに

我が誇りある日本帝国軍人が一緒に戦うことができるかばかもの

と追い出した。

パラオの人たちは日本人にも差別の心があったのかと落胆して泣いていたそう。

アメリカが攻めてくる時に、パラオの人々を非戦闘地域に避難させたが、

仲の良かった日本兵は誰も見送りに来なかった。

船が離れると

大きな声で達者に暮らせよ

と中川司令官をはじめ日本兵が大勢砂浜に出てきて泣きながらパラオの人々を見送った。

それをみたパラオの人々は自分たちのために

ひどい言葉を言ったのだとわかった。

パラオを知ってください。

カンボジア人も日本人を尊敬している。

日本は希望の星なんだと言ってくれている。

生きるために、フィリピンのゴミ捨て場で小さな子供たちが働いている。

夕方から早朝の4時から5時まで働く。

勉強したくて仕方がないハーレちゃんに

あなたの夢はなんですか?ときくと

夢なんか一度もみたことはない。生きることに精いっぱいだから。

ある男の子はお腹一杯ご飯を食べたいと言う。

15歳まで生きれるのは3人に1人。

貧しくても親と暮らせる子はまだ大丈夫。

タイは戦争の時にも日本を応援してくれた。

タイの孤児院では、餓死するほど追いつめられる。

我が子をいかすために遠い山から子どもたちを寺院につれてくる。

子どもを愛する心は世界中何も変わらない。

寺院ではおかわりはできない。朝と夕ご飯のみ。

ゴミ捨て場の子たちは、親に甘えることができるから、心が落ち着く。

寺院の子は食べ物も食べれて、勉強もできる環境があっても

さみしげな表情をしている。

思春期の子どもによく言うのは

自分だけで大きくなったと思うなよ。

親に愛されて成長してきたことをわかってほしい。

すさまじい環境の中で、親のことを考える子どもたち。

そんな子どもたちを見てきたから、私(池間哲郎)は適当にいきれない。

たくさんの死を見つめてきたから

真剣に生きないといけない

毎日毎日、今日も真剣に生きていくぞと言い聞かせている。

親は子どもに好かれる必要はない

尊敬される親になってほしい。

日々真剣に生きているのかを見せることが大切。

出来合いで育つと幸せを感じられない。

愛情には厳しさが伴う。

一番のボランティアは一人一人が真剣に生きていくこと。

生きることをあきらめない子どもたちをみて

何1つ継続できなかった中途半端な自分(池間哲郎)が恥ずかしかった。

一生懸命に真剣に生きることが最高のボランティアになる。

日本人として誇りをもって生きることが大切。

池間哲郎先生の講演会の一部をブログに書きました。
この話を聞いて、僕は涙が止まらなかった。
自分の弱さを受け入れたときに、人は強くなれる。
ほんとにその通りだ。
明日から、より真剣に生きていこうと思えました。

池間哲郎先生ブログ
https://blogtag.ameba.jp/detail/池間哲郎

YOUTUBEで池間哲郎と検索すると講演会の動画を見ることができます。
気になる方は、検索してみてください。

少しでも多くの方がこのブログを見て
自信と誇りをもって生きていけますように。

とりあえずやってみよう!

先生の教え

愛.jpg

徳山暉純(とくやま きじゅん)先生のお話。

7歳から教える「謙虚な子に育てる」話

もしも自分でさんま一匹とるとしたら

釣り道具・ダイビングなどもろもろ含めて150万円の費用がかかる。

私たちのかわりに厳しい環境の中で漁師の方が魚をとってくれている。

板子一枚下は地獄・・・漁師は海上で危険な仕事に従事している。

私たちの食卓の上に並ぶまでには

みたことも聞いたこともない人があなたの食事を用意してくれている。

タンカーを造るにはどれくらいの人の手がかかっているのか。

トラックドライバーの部品は?

運搬でどれだけの人が命をなくしているか?

全部計算すると、1匹の魚に約30万人の人が関わっている。

魚を運ぶトラック運転手は朝3時から4時までに市場に入らないといけない。

もし晩御飯のおかずが10品出たら

1品で30万人の人が関わっているとして

30万人×10品で300万人の人が関わっていることになる。

無数の人々の熱意と努力で、一回ごとの食事がまかなわれている。

人間は愛と愛でつながっている。

全世界の人が一蓮托生・一心同体でつながっている。

困っている人がいたら助ける。それが縁起。

食卓縁起を知っていると、20歳までに謙虚な人に育つ。

私たちはおかげさまでいかされている

僕はこの話を聞いて、ハッとした。

今まで考えたこともなかった。

魚一匹とるのにこんなにたくさんの人々が

関わってくれていたなんて。。。

知らず知らずのうちに

たくさんの人々に助けてもらっていたんだなー

おかげさまで生かされていたのだなと改めて気が付きました。

one for all. all for one

1人はみんなのために。みんなは1人のために。

その考え方を忘れずに、強く生きていこうと感じました。

徳山先生から教わっていることを実践し、人格も磨いていこう。

十善戒(人格を磨く10種のライフスタイル)

1.生き物を殺さない
2.人の物を盗まない
3.欲に溺れない
4.うそを言わない
5.悪口を言わない
6.二枚舌を使わない
7.過ぎた世辞を言わない
8.私利私欲を制御する
9.怒らない
10.間違った考えをしない

毎日ラジオ体操を行い、姿勢をよくすることが身体を健康に保つ秘訣。

忘れ去られた日本の文化や考え方をとりあえずとりいれてみよう!

先生の教え

ブログ用画像.jpg

鍼灸院の先生からHPやブログのことを学んでいます。

何がしたいのかはっきりとさせずにHPを立ち上げようとして一時中断中。

このブログを立ち上げました。

僕が興味関心があり、強みにできること

家庭環境や人間関係で悩んだこと。

病気になってからのこと。

どんな治療を受けてきたのかということ。

ずっと福祉の世界で障がい児と関わってきたこと。

一度諦めた保育士試験に見事合格したこと。

鍼灸院の先生から教わる人生哲学・ブログ・お金のこと。

起業して人の役に立つことがしたいという夢のこと。

今までは誰かに自分のことを話そうなんて考えていなかった。

だからこそ、同じ悩みや前を向いて歩いていきたい方に

このブログを見てほしい。

ブログを立ち上げて数か月

最初はブログを書いても見てもらえていないことが悲しかった。

どうしたら、ブログを広めることができるのだろう。

ブログでできることは何だろう。

どうやって文章を書いたらいいのだろうと

しばらくPCと格闘していました。

そんな中で先生から教えていただいたことは、

・自分の強みをいかすこと

・同じ悩みや興味関心のある方々のためにブログを書くこと。

・少しずつでよいから、ブログを継続して書くこと。

・みてくれた人から、ブログを読んでよかったと思えるように伝えること。

・人気があるブロガーさんのブログを見てマネてみること。

それを伝え続けていくうちに自分のブログを見てくれる方が

少しずつ増えてくる。

目標は1000文字以上の記事を100個書くこと!

とりあえずやってみよう!と

先生の教えを実践し始めたところ、徐々に効果が出始めた。

僕がやっているのは、

・ブログの最初に写真やイラスト入れること。

・ブログを見やすく書く。

・文字の色を変えたり、線を引いて協調してみるなど

最初は全くみてもらえなかったブログに

少しづつアクセスが増えてくるのが、嬉しい。

ブログを読んでくれる方が増えれば、同じような悩みを抱えた人の力になれるかもしれない。

同じような目標をもった人々と関わることができるかもしれない。

1人でも多くの方に届け、この思い!!

とりあえずやってみよう!の精神で

これからも少しずつ継続してブログ書いていきます。

応援して下さい。

先生の教え

ブログ用画像.jpg

とある鍼灸院で治療を受けている時の話。

先生、HPを立ち上げるためにサーバーとドメインを取得しました。

自信満々に伝えると、少し間が空き、ドメインとサーバー代はどれくらい?

ドメインやサーバーは1年契約で月々1000円くらいです。

それくらいなら妥当かなという先生。

ほっと安心して褒められると思っていたら・・・

HP立ち上げて何がしたいの?

鋭い質問にタジタジ。。

今までに行った離島のこととか書きたいです。

じゃあブログでよかったんじゃない?

た、確かに。。。

無料のブログから始めてやりたいことや伝えたいことが明確になったら、HPを立ち上げるのでもよかったんじゃないかな。
HPはチラシのようなもの。HPを使って明確な目標があってビジネスをするならいい。
ブログを書くなら、その島について自分が一番よくわかってないと浅い内容になってしまう。
順番が逆だよねと厳しいアドバイスをいただきました。

思いつきでHPを立ち上げようとした行動が恥ずかしくて、穴があったら入りたい。

今は調べようと思えば何でも調べられる時代なのに、なんでみんなそれをしないのかな。

先生の言った言葉が胸に突き刺さる。

起業するために必要なこと
これからの自分に必要なこと
明確な目標を達成するためにこれとこれが必要だから行う。
自分は何がしたいのだろう?
3年先、5年先は何をしていきたいのだろう?
今まで考えることを放棄してきた自分には考えることがやまずみです。

物事に対する勉強の仕方や考え方を日々勉強させていただいています。

先生、いつもありがとうございます。

にほんブログ村にも参加しています。
興味のある方はクリックをしてください。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村