子どもとの関り

気持ちは伝わる.jpg

子どもたちと関わるとき

心の中で

気持ちが伝わると思いながら

関わっています。

小さな子も障がいのある子も

気持ちが伝わる。

ずっと福祉の仕事をしてきて

この子には気持ちが伝わらないのかなと

挫けそうになったことが何度もあります。

信頼関係が築けていない

初めましての頃は

お互いに探り探りの状態で

様子をみながら

その人を見極めようとしている。

わざと困らせることをして

相手の出方をみている。

そんな場面が多々あった。

そんな時に

僕の気持ちは伝わらないのかなと

弱気になってしまう。

そうゆう時に限って

困っていることが起きていたように感じる。

この子はこうゆう子だと

決めつけないで

困ったことばかりに

目を向けないで

良いところを見るようにして

困った行動をしている

その子がニコニコ笑っている様子を

思い浮かべて

気持ちは伝わると

心の中で想いながら

関わり続けていると

次第に困っている行動が

ほとんど見られなくなった。

気のせいかもしれないが

僕はそのかかわり方で

子どもたちとだいぶ上手くやれた。

自分がイライラしていると

子どもに伝わる。

頑固になって

お互いに煮詰まってしまう。

そんな時は感情をリセットして

関わってみることにしています。

きっと上手くいく。

本当かどうかわからないけれども

とりあえずやってみよう!と

良いところを見るようにして

困った行動をしている

その子がニコニコ笑っている様子を

思い浮かべて

気持ちは伝わると

心の中で想いながら

関わってみてください。

たったそれだけで

お互いに楽しいと思えることが増えてくるはず。

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

自己紹介

IMG_0917.PNG

この病気に初めてなったのは、小学生6年生の頃。

中学受験に両親の不仲。友達との関りが上手くできなくて

悩みっぱなしだった。

中学生受験をして地元の同級生たちから離れてみると

環境の変化に全くなじめなくて

1人クラスの中でも浮いていた。

自分の本当の気持ちを他人に話せなくて

心の中でずっともやもやしていた。

本音で話さない僕は

心を許せる友だちが一人もできなかった。

僕が距離をおくとみんなも距離を置く。

好意の返報性だったのかな?と

今になって思う。

僕がクラスの人たちに苦手意識を持っていたから

クラスの人たちも僕に苦手意識を持っているような感じがしていた。

小さいころから人の顔色ばかり見てきた僕は

相手がどう思っているのか

なんとなく察することができる。

正確に言うと自分の中で相手の気持ちを探り

相手に聞かないで自己完結をしていた。

相手がどう思っているのかなんて

本人にしかわからない。

本音で話すことが怖かったのかもしれない。

今ならわかる!

ほんの少し勇気を出して

本音で話してみると

相手もそれにこたえてくれる。

恐れずに一歩踏み出してみると

上手くいくことが多くなった。

中学生の頃は円形脱毛症になり、

今までよりも周りの目が気になるようになって

だんだんと隠しきれなくなっていくのが

不安で仕方がなかった。

風が吹いて毛が無いところをみられたらどうしよう。

そう考えることがストレスになっていた。

病気を治そうと皮膚科に通ってみるも

頭に打つステロイド注射はとっても痛くて

3年ぐらい通った時に

どうしようもないくらい嫌になった。

お医者さんは注射を打つけど

痛いしストレスになっている気持ちはわからないんだろうなと思った。

皮膚科での治療をやめ

漢方薬を取り入れるが

ものすごくお金がかかるし、漢方薬は苦い。

お風呂に入れて皮膚から直接漢方薬をとりいれてみたり、

海藻類を多く食べたり

サプリで亜鉛などもとってみたりと

毛に良いと言われていることは何でもやった。

最終的に自分に合った治療法は鍼灸院での治療だった。

家族の協力があったから

途中で投げ出そうと思っていた

辛い治療も乗り越えることができた。

家族のおかげで頑張ってこれた。

高校生の時にスキンヘッドにして

周りの視線が辛かった。

陰でたくさん悪口を言われたし、

笑われた。

悔しかったし、つらかった。

家族の前ではなるべく笑っていたけれども

夜、一人部屋で泣いていたこともある。

もう2度とこんな思いはしない

そう思っていたのに社会人になって

無理をしすぎてしまいまた毛が抜けた。

それまで何度も病気になっては治ってというサイクルを

繰り返していたけれども

鍼灸院での治療と環境を変えたら

あっという間に改善してきた。

考え方が変わってきたというのも大きいのだろう。

辛かったら、環境を変えてみよう!

がんばらなくていいから自分に負けるな!

なくなった先輩のお母さんから

言われた言葉が頭から離れない。

辛い時に何度も何度もその言葉が頭に浮かぶ。

スキンヘッドにして良かったことは

かけがいのない友人たちに恵まれ

人を見ためで判断しなくなったこと。

苦しいことや辛いことは

たくさんあったけれども、

今の自分が一番好きだ!

最近ではスキンヘッドが

自分のトレードマークになっているし

初めましての人からも覚えてもらいやすい笑

心の底から笑えているし

嫌なことはイヤと言える。

ありのままでいれることが増えた。

今、つらい思いをしている人や

自分と同じ病気に悩んでいる人に読んでほしい。

上手く伝えれているのかわからないけど、

伝えたいです。

何があっても力強く

生きていこう!

沖縄.jpg

気が向いたらこの曲をYOUTUBEで調べて聴いてみてください。

力強くて元気がでるかも。

グレーティストショーマンの曲で

THIS IS ME

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

グルメ

帰省.png


実家に帰省して日帰りで戻ってきました。

1人暮らしをするまでは

親のありがたみが全く分かってなかった。

家に帰れば

美味しいご飯が食べれて

居心地の良い場所がある。

それだけでも幸せなのに

いつ帰っても

嬉しそうに迎え入れてくれる。

体調を気にかけて

身体に良い食事をたくさん作ってくれる。

本当にありがたい。

親孝行をしようと月に一度

実家に帰るようにしているけれども

実家に帰るたびに

僕のほうが家族から元気をもらい

癒されている。

ありのままの自分を

受け入れてくれる

家族ってほんとに素敵だ

それはさておき、

帰省した時に食べたお寿司屋がとっても美味しく

ネタが大きくて新鮮

東京でも食べれるのかな?

と気になり、家に帰ってから調べてみると

もりもり寿司は金沢にある有名なチェーン店で

都内だと東久留米にもあることが分かりました。

もりもり寿司 店舗一覧

https://r.gnavi.co.jp/brand/d58732c5/

本日のおススメにあった

生サバや本マグロの中落ち軍艦が最高に美味しくて

2皿ずつ食べましたが

もっともっと食べてみたいという気持ちが溢れてきます

都内でお寿司を食べるなら

池袋の東武デパートにある

トリトンか

http://toriton-kita1.jp/shop/ikebukuro/

もりもり寿司がおススメですよ

子どもとの関り

笑顔.png

ここ最近、胃腸炎にかかってしまい

しばらく寝込んでいました。

胃腸炎になる前の夜は

吐き気などは全くなく

なぜか体の震えがとまらず

寒気とめまいに襲われ

羽根布団をかぶっても寒くて仕方がなかった。

病院に行き診断を受けると

風邪の診断が出て安心していたが

次の日になってもなんだか体調がいつもと違う。

仕事もやれると思い出勤してみるも

ふらふらで下痢が止まらない。

その日は早退をさせてもらい、

もう一度病院に行ってみると

お腹の風邪(ウイルス性胃腸炎)と診断された。

前日の寒気とめまいは

身体がウイルスと闘っていたのかと妙に納得。

家に帰宅した後は、トイレに20回以上駆け込み

食欲もなく大変でした。

近くのスーパーで

ゼリーやうどんとポカリを買い

少しずつ水分補給をして食べるのがやっと。

よくなるのに3日かかりました。

薬が切れるとまた腹痛に襲われるのではないかという恐怖。

10連休のG.Wでどこの病院もやっていない中

休日診療所があって本当に助かりました。

休日診療料金(診断+薬代=保険適用で2000円行かない程度)で

普段よりも割高でしたが緊急事態には仕方がない。

おかげさまでだいぶ体調も良くなりました。

G.Wは連勤で休めないため

切れた薬をもらいに行き、待っていると

なぜか視線を感じる。

ふと顔をあげると

小さな男の子がじーっと僕のほうを見ている。

僕はニコッとしてみせる

男の子は少し恥ずかしくなってしまったのか

一回お母さんの陰に隠れて

またひょっこり顔を出して

ニコッと笑顔をみせてくれた。

嬉しくなってまたニコッと返すと

男の子もニコッとしてくれる。

笑顔の連鎖が続いていくこの感じ

幸せだ!!

今日も朝から素敵な一日が始まりそうだ

体調不良時に飲んでいたゼリーにだいぶ助けられました。

美味しく飲めて栄養補給もできる!

おススメはグレープ味♪

気が向いたら、購入してみてください。

森永製菓 ウイダーinゼリー マルチミネラル「グレープ風味/180g」 C6JMM54400(1P

価格:211円
(2019/5/3 10:12時点)
感想(1件)

【送料無料】 森永 ウイダーinゼリー選べる36個セット(6個入×6箱)エネルギー/マルチビタミン/プロテイン/マルチミネラル鉄分/カロリーゼロ(ウイダーイン)※北海道800円・東北400円・沖縄や離島2000円の別途送料加算

価格:6,110円
(2019/5/3 10:11時点)
感想(1件)

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

放課後等デイサービス

マイペース.jpg

放課後等デイサービスで働いていたころの話。

みんなが対応に困っている女の子がいた。

マイペースで頑固なところもあるけれど、

背が高くてすらっとしている。

人を楽しませることが好きで、

笑顔がかわいい子。

その子は関わる人の反応が面白いと

繰り返し何度もその行動をとる。

その子なりに喜ばせようとしている。

自分がそのことに気が付いたのはいつからだろう。

ある時を境に女の子が変わった

と思っていたけれど、

本当に変わったのは自分の考え方だった。

それまでの自分は、

マイペースに自分のやりたいことをやっている

その子に少しイライラすることもあった。

なんで話を聞いてくれないのだろう

どうしたらこの子は

みんなと同じように動けるのだろう

どうやって声をかけたらいいのだろう

と悩んでいた。

今考えると自分の都合のいいように

動いてほしいという自分勝手な気持ちもあった。

支援者としては最低だ。

その子と根気強く関わっていくうちに

他の人が言うような困った一面が

全く気にならなくなった。

むしろ、その困った一面の奥にある

その子の良さがみえるようになってきた。

そして、自分なりに楽しんで関わろうと

その子と向き合っていると、

気持ちに余裕がでてきた。

他の人はその子に苦手意識を持っていたが

僕はいつのまにかその子と関わるのが

楽しくて仕方がなかった。

好意の返報性という

言葉を聞いたときにピンときた。

このこと関わりたい。楽しい。

という気持ちでその子に

関わっていたからか

その子も自分と過ごすことを

楽しんでくれていたように感じる。

問題がある子は困っている子

困っていることが減れば、

困った行動は少なくなる。

自分の持論です。

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

先生の教え

ブログ用画像.jpg


先生の教えを実践してみて6か月が立ちました。

最初はこんなこと書いてもいいのかな?

読んでもらえないんじゃないかな?

など不安なことばかりでしたが、

6か月もたってくると

こんなことも書きたい。

こんなことも伝えたい。

こんなこともあった。

と伝えたいことが溢れてくる。

今まで自分の中で消化していたことを

ブログを通して伝えていく。

自分にしか書けない物語が

1人1人みんなにある。

人生はその人だけのエピソード。

あなたにしか伝えられないことがあります。

病気で苦しんだ経験

家庭で悩んできたこと

人間関係の難しさ

成功体験

夢がかなったエピソード

挫折したけど頑張ってきたエピソード

自分がしてきた経験こそが宝物。

そのブログを読んで

元気をもらったり

がんばろうと思えたり

辛い境遇でも乗り越えていける人が

少しでも増えてきたらいいな。

僕はずっと何も語れないと

思っていたけど

書きたいことがたくさんあった。

たくさん泣いて(誰にも言えずに一人で泣いたこと)

たくさん怒って(怒りを素直にだせず悶々としていたこと)

たくさん悩んで(悩みすぎて自分の身体を壊したこと)

たくさん笑って(心の底から笑える日常の幸せ)

振り返ってみると今の自分が一番好き。

自分の時間を使ってブログを書く。

それは結構な労力を必要とする。

それでも伝えたいと思える

強い思いがあるから

みんな続けることができるのかなー

なんて思っています。

ブログを書いている人の

モチベーションもあがるにはどうしたらいいのか考えてみました。

自分のブログのアクセス数などありのままを伝えることができたら

何かの目安になると思ったので

最近覚えたスクリーンショット(ctrl+F12、prtsc)の画像を

貼り付けておきます。

下記画像参照

1枚目 39PV 545/123695

2枚目 40PV 366/124021

3枚目 58PV 186/124277

6か月で書いたのは40記事。

月平均にすると約6記事ずつ更新している。

恥ずかしいのですが、日によっては10PV以下の日もあります。

実際は月ごとにかなり隔たりがありますが、

些細な出来事をこまめに書いています笑

画像やイラストを入れたり

読みやすく工夫をしてみたり

他のブロガーさんを参考にしてみたり

先生に教えていただいたことを

素直に取り組んできた結果

自分でも驚くくらいの成果がありました。

時にはアクセス数が急激に下がって

落ち込むこともあるけれど

1人でもいい。

読んでくれる人がいるならば

目先のことにとらわれずに

継続して更新していくことが大切だと考えている。

伝えられることは素晴らしい。

とりあえずやってみよう!と

始めたブログも今では習慣化しつつある。

継続は力なりとはこのことか!!

これからも少しずつ更新していきます。

最終的に目指すところはブログ1位。

応援してください。

僕も皆さんを応援します。

このブログを見てくださり、ありがとうございます。

ブログ アクセス数.png

ブログ アクセス数2.png

3ブログ アクセス数.png

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

放課後等デイサービス

嫌い.jpg

放課後等デイサービスの車で送迎に行くと

車に乗りたくないという女の子がいた。

スタッフがなんとか車に乗せようとするも

泣いて嫌がる。

話を聞いてみると

1週間前頃から車に乗りたくないという状態が続いているらしかった。

なんでこの子は車に乗りたくないのだろう?

なんかきっかけがあって車に乗るのが怖くなってしまったのか。。

気になって仕方がなかった。

よく観察していると

スタッフやドライバーさんの

なんとしても車に乗せようという

雰囲気が強いことに気が付いた。

30分ほどたっても車にのらず

他の子のお迎え時間になってしまうため

一度車は放課後等デイサービスに戻った。

車が行ってしまうと

さっきまでの状態が嘘のように

気持ちを切り替えて

他のスタッフと歩きだす。

車には乗りたくないけど


歩いてなら帰れる。

それなら無理して車にのせなくても

しばらく歩いて帰るような対応にしたら

その子のパニックもなくなるのではないかと感じた。

1,2か月様子をみて

また車に乗れるように挑戦するとか。

人手が足りないから車じゃないと無理。

その考え方もよくわかるが、

ほんとにそれがその子のためになるのか。

しばらく考え込んでしまった。

支援とは

できることに目を向ける

その子が過ごしやすく

楽しいと思えるようにフォローすることだと

僕は考えている。

お互いに煮詰まった状態で関わっていても

辛いだけ。

その子の個性を見つめて

ありのままを受け入れることができたら

その子ももっと楽しいと思えるのではないか。

久しぶりに放課後等デイサービスの子どもたちと関わって

やっぱり楽しかった。

どの子もみんな可愛くて

もっともっと関わりたくなってしまう。

不思議な魅力がある子どもたち。

放課後等デイサービスはやっぱり居心地がいい

にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

一歩踏み出す勇気

やべっ!.jpg


僕はおっちょこちょいです。

失敗やミスも多い。

いつも周りの方々に助けてもらい

やってこれているようなものです。

なんだか最近の

ミスや失敗はいけないものだという

雰囲気が苦手だ。

ミスや失敗をしても

次、同じことをしないように気を付けていければ

いいじゃないか!

僕はそう考えています。

ミスや失敗をして

何がいけなかったのか?

どうしたら防げたのか?

次やらないためにはどうしたらいいのか?

考えて行動していくことが

大事なのではないだろうか。

僕はこれまでたくさんのミスや失敗をしてきた。

スーパーの品出しをしていた時には

品物(牛乳)を10ケースくらいだして

バックヤードに戻るとき

カートを転倒させ、残っていた牛乳を

2,3ケースくらい破損させてしまった。(1ケース12本入り)

血の気が引くとはこうゆうことなんだと知りました。

その後、破損させた牛乳を片付け

副店長に謝罪をしました。

次、気をつけろよと

さらっと叱れる副店長がすごくかっこいいと思った。

それからは、もう同じ失敗はしないと心に決めて努力した。

アパレルの仕事をしているときは、

プレゼント包装でと言われたのに

値札を取り忘れてクレームをもらったり

言い出したらきりがない。

社会人になって

苦手な事務作業をしていたある日

利用者さんに請求するお金が間違っていたことに気がついた。

管理職に報告し、謝罪をした。

その後どのように対応していくかを話し合い

利用者の方々には手紙で事情を説明し、謝罪した。

それから、足りなかった請求分を

次月にいただくことで了承を得たり。。。

職場の方にも利用者の方々にもたくさんご迷惑をおかけしました。

周りの方々に助けてもらって

毎日を生きている。

失敗ばかりしているからこそ

いつも助けてもらっているからこそ

気を付けていることがある。

感謝の気持ちを忘れずに行動し

ミスや失敗を素直に認めて、受け入れる(謝罪する)。

言い訳をしないで解決策を考える。

失敗は自分に責任がある。

成功はみんなのおかげ。

その気持ちをもって仕事に日々取り組んでいます。

もし今、ミスや失敗をして落ち込んでいる人がいたら

このブログを見てください。

こんなに失敗している人もいるんだとわかると

気持ちが少し楽になりませんか?

失敗しても

前を向いて努力している人がいたら

僕は全力で応援したい。

この気持ちが伝わるかはわからないけれども

大丈夫!きっと乗り越えていける。

たくさん泣いて

たくさん笑って

自分と向き合っていこう!

できない理由よりもできる理由を考えていこう。

とりあえずやってみよう!道が開ける

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

とりあえずやってみよう!

IMG_0995.JPG

写真は小笠原諸島で出会った人(ダイさん)が撮った最高に素敵な写真を掲載しています。

船で片道25時間。

1週間に1度しか船が出ていないため

7日間以上お休みが取れる方

ぜひ1度だけでいい。

東洋のガラパゴス諸島と言われている

小笠原諸島に行ってみてください。

IMG_0836.JPG

海がきれいで

時間の流れがゆったりとしている。

ドルフィンスイムやホエールウォッチング(要時期確認)がおススメ。

体力に自信がある方は

ハートロックまでハイキングをして

ハート形の頂上で小笠原諸島を一望するのもいい。

IMG_0908 (1).JPG

そして何より

島の方が温かい。

最後は小笠原諸島伝統の島民全員が集まる盛大なお見送り。

このお見送りは、実際に小笠原諸島に行って

自分の目でみて欲しいので動画などはのせていません。

IMG_0951.JPG

これをみたら、何度でも通いたくなってしまうこと間違いなし

船での一期一会の出会いも魅力です。

雑魚寝だとちょっとゆっくり休めないという方は

2等船室(仕切りがあるベットタイプ)がおススメ。

必要なものは酔い止めと水着と

とりあえずやってみよう(行ってみよう)!という気持ち。

行ったからには、日常の忙しさを忘れて

とことん満喫してきてください。

IMG_0930.JPG

ふと小笠原諸島のことを思い出して書きたくなったので書きました笑

とりあえずやってみよう!

ジェラート.png

放課後等デイサービスに行く前に

時間があったので、渋谷ヒカリエに行ってみようと

普段いかない改札口を出ると

工事中だったからか少し道に迷いながらも到着した。

渋谷ヒカリエの11階は展望フロアのような場所になっていて

景色を楽しむことができる。

休憩スペースもあり有り難い。

ローソンやカフェもあるのでそこでおやつを買って

休憩するのもいいかもしれない。

8階には珍しいものを取り扱っているセレクトショップや

ギャラリーやコワーキングスペース(会員制)もあり

個人的におススメです。

渋谷ヒカリエを一通り見た後は

地下に行ってみる。

地下2階を歩いているときにみつけた

ジェラート屋(Mario gelateria)さんが気になり

バニラを選ぶと

1種類選ぶと

もう1種類選べるキャンペーンをやっていると聞き

おススメを聞いてみると

ミントにチョコが入っているジェラートがおススメだと教えてくれた。

せっかくなので教えてくれたものを注文した。

会計を済ませて

イスに座って食べようとしていると

もう一人お客さんが。

隣いいですか?と

声をかけてくれたのは

ものすごく品のある女性でした。

その方に勇気を出して話しかけてみると

小さなころから渋谷に馴染みがあり

良く来ていたことを話してくれました。

話をしていると懐かしそうに当時の様子を

話して下さり、戦争のことなども聞かせてくれました。

昔と今では渋谷の町並みはだいぶ変わってしまい

最近はどこに何があるのかわからなくなってしまったと

少し寂し気なご婦人。

今は便利で平和な時代になっているけれども、

怖い事件も増えてきているわね。

この当たり前の日常(平和)に感謝して

今を大事に生きないとね

と語ってくれたその言葉が印象的でした。

悲惨な戦争を経験されているから

命のありがたさや感謝と決意の気持ちが伝わってきた。

そのご婦人は、ジェラートを食べ終えると

若い人に話しかけてもらって

嬉しかったわ。

おかげでジェラートもすごく美味しかった。

と言って下さいましたが

僕のほうこそたまたま話せた

一期一会の出会いだったかもしれないけれど、

このジェラート屋さんで

自分自身その方と話せた時間がすごく貴重で嬉しかった。

今を真剣に生きることの大切さを改めて教えていただきました。

最近、落ち込むことが多かったので

良い出会いでした。

穏やかな雰囲気の中にも

どこか強い芯があるような

そんな素敵な方に僕もなりたい。

たまたま偶然知り合っただけかもしれない。

でも僕は、自分に必要な方を

神様が紹介してくれたような気がします。

なんでだろう。

自分が求めていた答えがみつかったからかな。

不思議な出会いに感謝です。

とりあえずやってみよう!と勇気を行動してよかった。